地産地消で地域活性化

地元の産業を活用することで地域を活性化していこう

2016年12月30日
から admin_eat3
0件のコメント

地域産業の展示会のパーテーションをレンタルする

展示会を実施する際には、それぞれのブースを区分けする必要がありますよね。
そんな時に便利なのが、レンタルをしたパーテーションです。
適切な広さで区切ることができるので、各出展者からも評判が高いです。
地域産業の展示会に置いてはそれぞれの地域から出展されますので、
パーテーションをレンタルしました。
パーテーションを購入するよりもコストカットできたので喜んでいます。
地域ごとにブースの大きさが違うこともあり、
展示スペースのサイズを変えられることも助かっています。
出展者だけでなく、他の参加者にも配慮したパーテーションの置き方を考えています。
すべての展示が見やすいように区切れたらいいですね。
多くの参加者が集まってくれることを期待しています。

2016年12月29日
から admin_eat3
0件のコメント

ペット医療保険を地域の産業と関連させていく

これからは地産地消の精神で、皆が活動していくことが重要です。
ペット医療保険もその一つで、地域の産業と関連させていくと、
地域が今よりももっと活性化していくのではないでしょうか。
ペット医療保険を皆がもっと知ることで、
ペットにかかる医療費を抑えることが出来ることが解ります。
そうすると、ペットを飼う人が増え、それに応じた買い物をする頻度も高くなっていきます。
動物病院も忙しくなりますし、産業の間で良い流れが生まれるのではないでしょうか。
地域の商店や会社では、ペット医療保険のチラシやパンフレットを置いておくことで、
店や会社に訪れたお客様が保険のことを知ることが出来るのです。
皆が一丸となって産業を発展させていくという気持ちが大事になってきます。

2016年12月28日
から admin_eat3
0件のコメント

ワイヤーボンディングを地域産業に昇華できないものかと空想してみた

地域産業を活性化させるために何が必要かを考えることがあります。
結局は、ゆるキャラのようなキャラクターをつくって終わりにしてしまいます。
しかし、もっと人気を持続させるためには、ワイヤーボンディングのような
日本が誇る技術をアピールしたほうがいいんです。
地域ならではの技術を発信することによって、
その地域の特性を多くの人に知ってもらえるからです。
だから、ワイヤーボンディングを産業として発展させていくことが
今後重要になると考えています。
もちろん、ゆるキャラはかわいいので、
これからどんなキャラクターが誕生していくのかを楽しみにしています。
様々な取り組みによって、どんどん日本が元気になることを祈っています。

2016年12月27日
から admin_eat3
0件のコメント

起業で人生を変えたいので地域産業に興味を持つようになった

大人になると、何かしたいと思うことがあります。
人生というものを考えていると、何ができるのか自分という人間を
確認していくと面白いです。
起業で人生を変えたいと、願うのならまずは自分が住む地域の産業を調べることです。
ここの名産は何か?どんな企業があるのか地域ならではのものをまずは探していきます。
起業で人生を変えたいと思うなら、自分の今いる場所から新しいものを
発信していくのが手堅いやり方です。
よく知っている地元だからこその、魅力や未開発のものがでてきます。
そして、愛する地元の活性化に繋がるようにしていくことは生きがいになります。
人生は簡単には、変えることはできませんが
自分が行動することで必ず変えることは可能です。

2016年12月26日
から admin_eat3
0件のコメント

地域産業を活性化させるには電磁波防止も考慮に入れる

地域産業をどのように活性化させていくかという問題があります。
地域経済の復活は、現在の日本が抱える大きな問題だからです。
この問題を考えるには、今後、日本の人口がどんどん減っていくことを
視野にいれなければなりません。
人が自然と増えていけばそれだけ経済が大きくなりますが、
そういうわけにはいかないのです。
そこで電磁波防止の観点が活きてくると考えています。
どういうことかと言うと、電磁波防止を考慮にいれて商品を販売することによって、
その地域ならではのブランドをつくっていくのです。
これから電磁波防止をするアイテムが必要になってきますから、
今のうちから準備をしておいたほうがいいのです。
それが、産業の活性化を生み出していきます。

2016年12月22日
から admin_eat3
0件のコメント

野球ユニフォームなどのアイテムで地域産業を盛り上げる

近年では様々な自治体で地元産業の振興をはかったり、
観光客や企業誘致など地域おこしに力を入れています。
その土地ならではの産品や観光資源をアピールすることで
地元経済の活性化につなげる試みですが、
そこで注目したいのが野球ユニフォームです。
プロ球団はもちろんのことアマチュア球団や社会人チームなど、
日本には地元を代表する球団が各地に存在しています。
こういった野球チームはいずれも地元の人々に愛されており、
地域のシンボルともなっているので、野球チームを通して
地元の産業を盛り上げるにはうってつけだと言えるでしょう。
球団オリジナルのグッズや野球ユニフォームを利用することで、
地域住民だけでなく遠方からの観光客にも広くアピールすることができます。

2016年12月16日
から admin_eat3
0件のコメント

地域の産業物産展の施工図を描く

産業物産展を開催する際には、どのブースにも
平等にお客様に対してアピールする必要があります。
この点が施行者の腕の見せどころになるわけです。
どんな施工図をつくればいいのかは、これからじっくりと考えていきます。
それぞれの地域によって、訴えたい事柄は変わってくるのですが、
それがどんな形になっていくのかが楽しみです。
たくさんの人が来場する産業物産展なのですから、思い出に残る施工をしたいものです。
もちろん、これからも努力を続けていきますが、最高の仕上がりになることを願っています。
施工図に対する評価が気になりますが、今の自分にできることを精いっぱい頑張ります。
そのことが自分に与えられた役割だと考えているからです。

2016年12月5日
から admin_eat3
0件のコメント

羽子板を地域の産業を活性化させる産物として承認させる

地域の産業を活性化させるには、様々な方法があります。
多くの人が、地元の産業を活性化させるために努力しています。
最近、注目を集めているのが、羽子板です。
羽子板は、子供の頃に遊んだという人も多いですが、
赤ちゃんへの贈り物としても有名です。
ケースに入れて家に飾っている家庭もあります。
羽子板は、魔除けの役割もあり、正月だけでなく、一年中飾っている人もいます。
日本の伝統を受け継いでいるものなので、
地域を活性化させる産物として承認させることは難しくないと考えられています。
西洋化が進んでいる日本ですが、日本の伝統は受け継いでいくことが大切です。
日本の伝統を受け継ぐ産業が活性化することは、とても重要なことなのです。

2016年11月28日
から admin_eat3
0件のコメント

東京で探偵を探す方が効率が良い場合も

食べ物でも仕事でも地元で回すのがまず大事だと常々伝えてきていますが、
場合によっては都会で探した方が良い場合もあります。
例えば探偵に依頼したいことがあるとすれば、
地元よりも情報の集まっていて動きやすい東京で探偵を雇う方が効率が良かったりします。
地方だと、顔見知りの人が多そうな気がしますし、
情報は洩れないにしても依頼後に気になったりしますので。
そんな妄想をしていますが、探偵に頼む日がいつか来るのでしょうか(笑)。